2008年10月25日

さいきんなにしてるか

ダイエットは−− 食事は今は制限してないけど
胃が小さくてあまり入ってない。よいこと。
野菜多めの食事を心がけているけど
時々ドカンと揚げ物とか食べたくなる。
体重はリバウンドという間さえおかずに
翌日には戻ったけど、ピーク時より-1kgで安定している。
こないだのダイエットの実質減量がそんくらいなんだろう。

運動はこまめにしているつもり
水泳こそ生理で行けなかったけど
スロトレと、腰回しと、あと結構歩いてる
こないだ旦那の資格試験会場まで6km歩いて迎えに行ってみた
途中川とか湧水地公園とかあって面白かった。
水のある風景はいいよね。

しかし産婦人科の治療のせいかはたまた季節のせいなのか
ホルモンバランスがおかしいのか
今週はのぼせと頭痛に悩まされた
のぼせっていうか、なんか頭の血管がパンパンな感じで
ちょっと起き上がったり急に振り向いたりすると
目の前が見えなくなる。
今まで(私としては)快調に動けていたのが
急に起き上がれなくなるのは精神的にもつらい。
秋だからタダでさえなんか落ち込み気味だし。
けど3日で引いた。よかったよかった。

周りの人からみたら亀より遅い歩みだけど
昔に比べるとずっと稼働時間が増えてるんだぜ。
出かけた翌日倒れる率も減ってるんだぜ。
ちょっとずつ、丈夫になっています。

最近は、先輩の結婚式の二次会の幹事を頼まれた。
お店を探して週末下見に行く。
出し物とか、考えないと、ね。

来週末は姫路城を見に行く。
企画者の権限でテケトーな手配をする。
行きの新幹線と当日の宿しか決めてないよ
うひゃひゃ

義理の従妹とお菓子のレシピをメール交換。
9歳も若い子とメールはすごく緊張します。
でもすごく良い子なのでかわいいです。

富士山に登りたいと思いつつ今年ものぼれずにシーズン終了。
本屋に行き低山歩きの本の前でうろうろ。結局買わず。
でも、靴くらい買おうかな。
そんでその辺の小山歩いてみようかな。舞岡公園とか(笑)

あと、裁縫をいくつかしなきゃいけないんだけど
ミシンってなんか精神的ハードルが高いんだよね。
直線縫いだけなんだけどなー。
というかミシンかける前の下準備がハードル高いんだなあ。
布目そろえたりとか、アイロンかけて折り目つけたりとか。
正方形に布を切れる気がしないんだよね。

あと最近祖母ログとばーさんがじーさんに作る食卓を読んでます。
おしゃれで元気なじーさんばーさんには
本当に頭が下がる思いです。

そんな日常。
posted by 草 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

結果

多分-2.5kgくらいだったんじゃないかと。
翌日しっかり食べるとすぐ戻りますけどねー。

昨日からは朝バナナやってます。
バナナ消化良すぎて空腹感が却って辛いよ。

ダイエットのハシゴー。


モチベーションが低いほうが続いてるって不思議な感じですね。
一時的な熱狂に乗って始めるとそれが冷めたときにやめてしまうけど
いつもと同じテンションなら続けられるってことですかね。
posted by 草 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

再々々々(略)挑戦

また(懲りもせず)ダイエット・・・というより
痩せる努力をしています。

努力をしていると書きましたが、
思い立ってやりはじめた、というよりは
たまたまつけたテレビでコアリズムやっているのを見て
旦那さんと面白半分に挑戦していたら
なんか妙に楽しくなってきた上に
その後異常にお腹があったかくなって
お通じやらガス抜きやらが活発になって
お腹だけじゃなくて手足の血行不良が改善されたりしたので
腰回しを続けてやっているだけですけどね。
その直後に美腰エクササイズとかもテレビで見て
まぁとにかく腹筋を意識して
膝関節をロックせずに骨盤を回転させればいいのかな、と。
だからムックもDVDも買ってない自己流ですが
多分注意点は抑えてると思います。
今のところ腰を痛めたりとかはありません。
まぁゆっくりとやってるだけだしね。

ついでに毒だしもやってみようかなって
脂肪燃焼毒だしスープとかいう野菜スープ作って食べてます。
ここのところの異常食欲を抑えるためにもいいかな、と。
ちょっとリセットダイエットみたいな感じに1週間だけ
これ食べてみようかなーと。
なんか肉とか果物とかも食べるみたいですが。

スープ自体はなんかいつも家で作ってるスープと変わらないな・・・
たまねぎの比率が異常に高いくらいでしょうか?
たまねぎが毒出しにいいとかって、昔聞いたけど
どういう根拠なんだろう?
これって便通がよくなって毒が出ますってことだけじゃないのかな?
ショウガとか入れるのは代謝UPのためだってわかるけども。


現在過去最高体重に達しているわけですが
寝ているだけで手足が痺れたりとか、痛かったりとか
寝ると首の肉に圧迫されて苦しかったりとか
原因不明の痰に悩まされて呼吸が苦しかったりとか
これはやばい・・・私はこれ以上太ったら死ぬな、と思いました。

年とともに美に対する欲求が(もともとかなり低かったけど)
どんどん低下して0に近づいてしまっているので
キレイになりたいからやせたい!というモチベーションでは
続かなくなってきていたのですが
さすがの私も太りすぎで死にたくないというか
即死ではないだけに体が苦しいとか辛いとかは嫌なので
生命維持と幸福のためにちょっと頑張ってみようと思います。

今何にも頑張ってないから、これくらいやんないとな・・・。

よく、「ダイエットは一生。
運動や食事制限で短期間に痩せるのは間違い。
生活改善するべき」というけれど。
それはすっごくよくわかるし正しいと思うけど
太らない生活、ではなく痩せる生活、をして
このままゆるやかに痩せるには、脳が肥満脳っていうか。
脳が「脂!油!肉!飯!」を欲しているって感じなので
一旦身体をすっきりさせた後で、ゆるやかに痩せていけるように
生活改善したいと思うんだけど。
そういう考え方はだめですかねぇ。
posted by 草 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

やれやれ

しばらくほっといたら雑草の生えること生えること。
どうせまともなのつかないんだから
いっそトラックバック禁止にしようかしら。

ブログのことは忘れていたわけではなく
なんだか今書いてもあんまり建設的なこと書けないなぁと
思いながら毎日投稿フォームを開いては閉じてました。
なんていうんでしょう。
別に特に精神状態が悪いというわけではないんですが
他者を否定することによる自己肯定ばっかりしてしまいそうで。
愚痴っぽい時期だったんですかねぇ。
とはいっても自分の周囲の人間のことじゃなくて
ネットでみかける記事を見て、とかなんですけどね。
中二病再発みたいな感じです。
なんにでも後ろ足で砂をかけたいお年頃。

ここのところ季節の変わり目のせいなのか
はたまた治療のための薬の副作用なのか妙に体調が悪いです。
食後しばらくすると気分が悪くなり吐き気がします。
外出する用事が続いていたので
食後に歩く、ということをしていたら実際結構吐きました。
そんなことをしていたら喉を痛めてしまい
今は常に粘性の強い痰が絡んで苦しんでいます。
冷房による乾燥や冷気が喉にあたるのを防ぐために
マスクをしてたら大分楽になったんですけど
胃は相変わらずです。胃薬常用。
しかし吐いても胃液出てこないんだよなー。
消化不良気味?一度絶食してみるのがいいのかな。

しかしこんなことやっていても痩せる気配はありません。
まぁ、こんなんで痩せてもすぐ戻るでしょうけど。

あぁ、太りすぎで体調悪いってのもあるんだよなぁ。
痩せたいとは思うけれど実行に至らない
意志の鈍い時期でもあります。
かといって以前のように全く動けずに
家事とか滞ってるというわけでもない。
自分で自分が掴みにくいなぁ。
まぁ、手綱は握りなれているので
なんとかコントロールしていきたいと思います。

posted by 草 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

家庭菜園

7月も終盤。

今年から本格的に挑戦したベランダの家庭菜園は
実はいまいちうまくいかなかった。
青シソは問題なし。もっさもっさに繁っている。
買うと高いわりにすぐにシオシオしてくるアレが
食べ放題なのは嬉しい。

ネギは芽ネギくらいまではうまくいったのにその後なぜか枯れ始め
結局買ったネギの根を植えて増やしたのだが
最近また枯れ始めてきている。水やりが悪いのだろうか。

クレソンは途中まで調子よく生えていたのに
密集させすぎたせいかアブラムシが発生して全滅。
まだあまり食べてなくて残念だった。

パセリは肥料を多めに与えなくてはいけなかったらしく
一時期葉に白い斑点が出て慌てて肥料を与えたら持ち直した。
今ではわさわさしている。

ミョウガは難しいと聞いていたが実際難しい。
放っておくとにょっきにょき生えてくるのだが
密集していると花芽(食べるところ)が出てこない。
暗くて涼しいところを好むらしく
日向というわけでもないのだけど
日陰ではないところに置いといたら枯れてきた。
やっぱり日よけが必要らしい・・・。うぬぬ。

そしてミニトマトは途中寒くて生育が悪かったのが
ここにきて持ち直しやっと実がつき始めた。
若干遅いけど秋口まで実が生るらしいので楽しみ。

ローズマリーを買ってきたのだけど
先っぽは元気に伸びているのに、真ん中辺りの葉が枯れている。
樹勢が悪いとも感じないんだけど。
うーん。置いてあるところが風が強いのがいかんのかな。

そんな感じ。
posted by 草 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

参ったね

友人のらきすた本に原稿を頼まれて
イラストを2枚描くことになったんだけど。
絵そのものは落書きをちょこちょこしてたから
なんとか描けたんだけど
原稿に起こすときにデジ絵の描き方をすっかり忘れていて
ものすごい手間取った。
カラーならときたま描いてるから少しはいけるんだけど
モノクロ絵って難しい!
トーンの貼りかたとかすっかり忘れてるし!
タブレットでは線がキレイに引けないし!
Saiのペンツールと手ブレ補正にどれだけ助けられたか・・・。
しかしSaiはグレースケールのPSDに対応してないので
行ったりきたりが面倒くさい・・・・。
というわけで締め切りを過ぎてしまいました。申し訳ないなぁ。

まぁそれとは別にらきすたって難しいよね。
本家の絵柄だけでキャラ判別つけてるようなもんだから
似せないと誰だかわかんないしね・・・・。
もともとディフォルメキャラって苦手だしなー・・・。
いや、そもそも二字創作絵が苦手じゃないか、私。
posted by 草 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

7月の初日

湿度が増して気温が上がってくると
意識して嗅がなくても立ち昇る匂いが勝手に嗅覚に訴えてきます。
ベランダに立つと何かのにおいがします。
近くの美容院のシャンプーの匂いに似ているけど
もっと人の体温を感じるにおいです。
発生元はわかりません。

自転車に乗るとジャスミンやら梔子やらの匂いが
どこからか漂ってきます。
塀から顔を出しているそれらを眺めるのもよいですが
どこにいるのかわからないけれど香る、というのもよい。

しかし部屋干ししていた洗濯物の臭いは困ったものです。
カビよりももっと有機的な匂いが特に。
洗ったあと洗濯槽に少しでも置いておくと
干した後になってから臭うようになるから参ります。
同じ回の洗濯物なのに臭うのと臭わないのがあるのは何故でしょうね。

ちょっと前に梔子の香りのコロンが売っていて
喜んで買ってみたのですが
そのときは確かに梔子の香りだと思ったのに
今本当に咲いている梔子の香りを嗅ぐと別物だなぁと思います。

やはり梔子の鉢を買おうかな。

posted by 草 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

危ない危ない

6月中一度も日記書かずに終わるところでしたねw

梅雨は毎年心身の調子が悪くてこまります。
でもなかなか改善したなーと思うのは、
精神的にあまり落ち込まないようになったところでしょうか。
とはいえそれは私が成長したということではなく
落ち込む要因がないということでもあります。
旦那さんに守られてるのです。
でもまぁなけりゃないで何かしら
落ち込みのネタを引っ張って来ていた頃に比べれば
充分健康といえるのではないでしょうか。

でもまぁやる気はなくなりますね。
家の中のエントロピーも増大する一方です。
借金の金利分だけ返済し続けてるような状態です。
あーでも家中大掃除したいな!気持ちだけな!

エアコンのクリーニングもしたいなぁ。
見えるけど手が届かないところにカビが生えてるのです。
5年モノだものなぁ。
でもエアコンクリーニング高いよ・・・・。


posted by 草 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

ゆるい

おはようございます。
日記投稿のページを開いては書かずに閉じる今日この頃です。
でもさすがにここを廃墟にしておくのは忍びない。
決して打ち捨てているわけではないのですよという
意思表示をしておかねばと思いキーを叩きます。

書きたくなるときは一日何度も書きたいことが浮かぶんですが
最近どうにもいけませんな。途中まで書いて止めることが多いです。
書くことがない、と言い訳をしてみたりもするけれどそれは多分嘘で
平坦な日々でも何もしてないわけではないはずだし
特に何もないと感じる日でも書いてることはあるので
書くことはあっても書こうとキーを叩くときに
なにかしら抑制が効いたりしてるんでしょう。

例えば、
そんなつもりはないのだけど
知人友人身内の言動から連想して書いた文というのは
たとえ私自身が攻撃の意志を持っていなくても
そして文章の内容が客観的に見ても特に不快な内容でなくても
あ、これ自分のことかも?と気づくだけでも
不愉快に思われるかもしれないなーと思うとなんとなく書けません。
たんなる連想なんだけどね・・・・。
そんな自縄自縛が多くて、昔書いていたような
青臭い文章が徐々に書けなくなっている気がします。

自分自身といえば、最近は臭いものに蓋というか
敢えて見ないようにしていることが多く
例えばダイエットするんじゃなかったの?という
非常に個人的で矮小な悩みから
金銭的に、それほど困窮してるわけじゃないけれど
この先の未来を考えたら働いて貯蓄しておくべきという
至極尤もで否定のしようのない現実的な問題提起まで
大小さまざまなことから目をそらしていますが
特に精神的に不安定なわけでもなく
ぼんやりと色々考えながら日々をすごしています。


人生設計という言葉はあんまり好きでなく
特に私は先のことを考えすぎて憂鬱になるタイプで
大抵の場合案ずるより産むが易しという諺が当てはまるので
あんまり考えないでおこう・・・と思うけれど
伴侶がいる身としては独りよがりにはなれず
結局のところ
がんばらなきゃいけないのにがんばれない自分が歯がゆいけれど
それを嘆いて憂鬱になるのもまたはた迷惑であろうと
まぁおいおい頑張っていこう・・・・と思っております。

そんなゆる人生です。

posted by 草 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

上手く言語化できない

某宇宙的美少女なわけではないんですがね。

最近mixiのニュースにつけられる他人の日記を見たりとか
人の話にのぼる事件・人物に対する感想やら
そういうものを耳にするたびに
なにか思うことがあるような気がするんですが
上手く言葉にならないまま終わってしまいます。

今も同じです。
文章にもうまくなりません。

イメージ的にいうと、届かないなぁっていうか。
あと一つでも気持ちが考えが視野が言葉が及べば
もう少し変わるんではないかという期待があるんだけど。
でもそれを期待すること自体が人間を否定してるのかなぁ。
人は持てるものだけを持てばいいんだろうか。とか。
うーん。これだけじゃ何言ってるかさっぱりだなぁ。

たとえ話にはならないんだけど。

ある犯罪者の行動を、私たちは理解できないけれど
理解できないままでいいのか
行動の動機を原理を感情を汲むべきなのか

その是非はわかんない。

同情すべき点があっても犯罪は犯罪だ。
汲んでやる必要などない、という意見ももっともだと思う。
でも多分その犯罪者と私は同じ人間なんだよ。
あなたも同じ人間なんだよ。
人が人を殺すことは「ありえないこと」じゃない。
「私は違う」と思うそれはおごりだと思う。
生まれを育ちを環境を甘く見ている。
世界は誰の目にも同じように映っているわけじゃない。

けれどその一方で、
「絶対に私は殺さない」と思うことも正しい。
人間にはその誇りが必要だとも思う。
犯罪者の弱さへの無理解を美しいとも思う。

犯罪なんて極端な例ではなくて些細な身の回りの出来事で
例えは他人の行動に本当に腹が立ったりするとき
それはほんとうに「信じられない・ありえないこと」なのかな。
相手の生まれ育ちから考えるのは無理にしても
体調が悪いときはイライラするものだし
それは相手にも自分にも言えることだよね
その場のノリで口に出して後悔することも
自分にだってあるはずだし
ほんのちょっとのエゴが他人を不愉快にしてない保証なんてない

でもそれらを相手も自分も同じと受け入れることが必要なのか
不必要なのか、したほうがいいことなのか
してはいけないことなのか私には分からない
人間のキャパシティにも限界はあるし。
そこまで汲んでも相手には届かないし。
腹が立つという自然の感情はそのままでいいんじゃないかとも思う。

だけど他人の言動を見て短絡で「信じられない」と
自分の感覚が正しいと腹を立て相手を完全に拒否しているだけで
いいのかなぁとも思うんだ。

自分の感覚が、感性が
見たものが聞いたものが正しいのかって問い続けることは
人間性のバランスという意味では健全だと思うけど
でも常にストレスを受けるという意味では
不健康でもあるかもしれない。
自分に見えないものを見ようとするのは
分不相応な行いなのかもしれない。
だけどいつでも可能性を残しておきたいとも思うんだよなぁ。

でも殺人事件に単純に憤る人たちの気持ちを
正しくいとおしいとも思う。
その背反が私の中にいつもあるんだよね。
難しいなぁ。

うん。その背反が世界にそのまま反映されていて
どちらが正しいともいえないけれども
かなしい相互の無理解が、かなしいことを増やしていくんでもある
でもその多様性がここまで人間を繁栄させたのだとも言える。
そしていつか滅ぼすんだろうなとも思う。

いつの世がよかったわけでもないのに
世界はいつでも悪い方向に進んでいるように見えるね。
posted by 草 at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。