2008年02月22日

木の芽時

若干早いですが春です。
立春を過ぎているので春でも間違いないはずです。
ていうか私の体が春だ春だと言っています。
正確にいうなら脳かなぁ。

・・・なんとなく不調です。精神的に。

別段原因など思い当たらないのに
ふと気づくと思考がマイナススパイラルに陥ったり。
あるいは理由のない焦燥感や不安感にいたたまれなくなったり
頭にぼんやりとした不快感が走ったり。

そんなときは、はっと気づいて思考を強制終了させます。
そしてお茶でも飲んだり、散歩をしたり。
いい香りを嗅いだりすると気分がよくなります。

天候や季節の影響を受けやすい体質だと思うので
そんな自分と長くつきあっていくのだから
付き合い方を身に着けようという感じです。
そういう考え方のほうが健全だし建設的かなぁと最近思います。

posted by 草 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

チョコレートはupperか。

昨日はへこむことがありました。随分昔から、恐らくそうじゃないかなーと予感していたし、でもそのことに強い執着があるわけじゃないからたとえそうであっても大丈夫、と思っても居たのに、改めて明確に審判を受けるとこんなにショックなことだったとは、と、ショックを受けたことにさらにショックを受けたりなんかして、それが自分の存在意義とかそういう根っこのほうまで及んだりして、そんな感じでとぼとぼと道を歩いていたのですが。
へこんでいてはよくない。
そうだ、バレンタインのチョコレート買いに行こうって思い立ちデパートまで行ってきました。

私は甘いものは大好きだけど、実はチョコレートにはそれほど強い執着がなくて、ごく稀にインフルエンザみたいにチョコレート熱が上がる時以外、高価なチョコレートを買うことはないのですが。
でもこの時期は別。食欲というよりなにかお祭りを楽しむ気持ちでとりどりのチョコレートに目移りするのが楽しい。

なんていうか、売り場を見ていると洋服売り場を見てるような、宝石売り場を見てるようなものを感じるんだよね。その演出が楽しい、というイメージ。

折角なので売り場を廻っての雑感など記録。

横浜の高島屋は8Fの催事場がチョコレート売り場になってて、入り口で店内配置図と立派なカタログ?がもらえましたwさすがw(何が)
バレンタインまであと一週間もある平日の昼過ぎなのに、売り場は既に混雑気味。まぁ手前に連休があるので、そのときに渡すって人も多いだろうしね・・・。

昔はバレンタインのチョコレートといえば、明治や森永などの菓子メーカーのものを過剰包装して、チュールレースに造花とかのびらびらしたラッピングでとりあえず形だけって感じ(今はそんなのコンビニにもあんまり置いてないね・・。)か、もしくはお金をかける場合はGODIVA!の二択って感じだったけど(笑)
しかもなんつか私の中ではGODIVAは飲み屋のねーちゃんが、常連のおっさんに贈るイメージ。それは自分の父親の話だw
最近のチョコレートショップの氾濫はすごいね。もう知らないブランドだらけです。

さすがにこれだけ増えるともうショコラティエの名前とか長いのは覚えられません。さらに例えばイタリアの地元で愛される老舗のチョコレート屋さん・・マイアーニのことだけど。とかのチョコレートまで持ち出して来てる感じがすごい。美味しいと聞けばすぐに商談して引っ張ってくるんでしょうか。日本の企業の「売る」ということにかけての貪欲さには惚れ惚れします。

さて、今年のチョコレート売り場を見た感じの印象。あくまで私の印象だし、去年は買ってないので、実際とは違うかもしれませんが。
ちょっと前まではマルコリーニとかのショコラティエの名前が前面に出たものが人気だったけど、今年はカファレル、ノイハウスとかの老舗の欧州のチョコレートブランドが台頭してきた気がする。いや、もちろんショコラティエのもまだ大人気ですけどね。


ラッピングはシンプルかつ上質なものが相変わらず人気だけれど、華美でない程度にクラシカルな絵柄の缶入りのものなどが今年は少し多い気がする。BABBIのギャル系っぽいパッケージは目立つけど、人気高そうだなぁ。

あと、昔ながらのメリーやモロゾフ、ゴンチャロフなどの洋菓子メーカーが、いくつかのチョコレートブランドを立ち上げていることを初めて知りました。がんばってるなぁ。でもやっぱり所詮モロゾフでしょ?とか言われてしまいそうでかわいそう。私も敢えて買おうと思えません。味見てないのにね・・。
でも海外産にこだわるのではなく、日本人の舌にあった日本人によるチョコレートも人気が出てきているあたり、チョコレート文化が日本人に浸透してきてる、のかも。辻口さんのチョコレートショップも人気だしねぇ。名前思い出せないけど・・・。

チョコレートの上面に食用色素でプリントしたやつは去年は大流行って感じだったけど、今年はそうでもなかった気がします。まぁ、定番化はしたかな。ドュバイヨルのプリントがかわいかった・・・。パッケージもかわいかった・・・。でも一昨年ブリズーを買ったから今年は別のにしました。

チョコレート菓子、よりもチョコレートそのもののほうが人気のようで。去年いっぱいあったマカロンはあんまりなかった。日持ちの問題もあるかな?
トリュフや生チョコは少ない感じ。多分あれだ。14日までに日があるのもあるんだろうけど、温度変化に敏感なものを買わないという知恵が消費者にもついてるのかな?wあと、動物の形をしたチョコレートが多かった。これは高島屋の方針の模様。

数年前から出始めていた和風チョコが今年はかなりのブランドが出店してた。私はあんまり買いたいと思わない・・・。

ちょっと前まで絶滅しかけていた「チョコレートボンボン」が復活の兆し?ちょっと嬉しいw 昔は嫌いだったけどアレ好きなんだよねー。

総括として。
見ていて思うけれど、女性の購入傾向が
・本命と二人で食べるために高額なものを一つ買う。
・お世話になった人に心からの感謝を示すために、お値ごろで確実に美味しいものをいくつか買う。
・仲の良い友達と美味しさを分け合うために美味しいものをいくつか買う。
・いつでもどこでも買えるものではなく、特別感のあるものが欲しい。
という感じになってる気がします。
ニュースでも見たけど、義理チョコばらまく、というのは最近ないんだなーと。世話チョコ、友チョコがメインみたいですね。だから\3000〜のものと\1000〜くらいのものが人気のようで。
さらに高級ブランド重視!なんでもかんでもプラダエルメスグッチ!みたいなのもないみたい。みんな自分の舌に合うブランドを大事に見つけたい、とう感じがしました。

自分はセレブじゃないし、高級ブランドのものなんて買ったことはないけれど、チョコレートはちょっとそんな気分を味わせてくれるよね。だいぶ気分を上昇して帰ることが出来ました。うむ。

posted by 草 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。