2006年08月31日

8月も終わりか・・・

早いもんですね。
退職してから2ヶ月半とか経ってしまっています。
その間に入籍したり、変更手続したり、転居先探したり、旅行行ったり
ぼちぼち色々やったけど、なんか分母(やるべきこと全体)に対して
分子(実際やったこと)がえらい少ない気がするなー。
まぁ私らしいけど。無為に過ごすの大好き。

話は変わりますが、引越し先の部屋をこの間見てきました。内覧。
内装がちゃんとしたマンションっぽく立派でお気に入り。
キッチンもバスルームも広いし。さすが特優賃物件。
日当たりも風通しも良好!交通量の多い道路に面しているので
若干騒音が心配ですが。
Bフレッツも通ってるらしいし。今から新生活が楽しみです。
家電も買いました。洗濯機と電子レンジ。両方とも高級家電。
こういう所で贅沢するの好きです。
特に電子レンジはハイエンド機を買ったので色々作りたいなー。
今までのが14年前のボロいレンジだったので
多分すごく違うと感じられるとおもう。期待大です。

手続き関係もネットで大体済ませたし、
あとは転出届出して、荷物を詰めて、掃除をして・・・くらいかな。
それが大変なんだけど!
ガンバリマス。



posted by 草 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

血の匂いの鉄以外の部分てなんだろ

もう4年くらい履いているサンダルは見た目は気に入ってるけど長時間歩くのには向かない。多分足に合っていないのだと思う。一日歩き回ったら親指の裏、第一関節にタコが出来た。

出来たタコをネットサーフィンをしながら無意識に弄っていた。厚くなった角質の層をむしり取るのは昔から好き。経験と自分の感覚を信じて、まだ大丈夫だと爪でちびりちびりと厚い皮をむしっていたら予想外にちくりと痛みが走った。剥きすぎたかな、とさして気にも留めずいたら、なんか下から、鉄分を含んだ匂いが。

流血した。しかも意外に多めに。
鼻血ほどだらだらは出ないけれど、指からしたたり落ちる程には出た。さして痛くないのにとびっくりした。ティッシュで抑えるまでの間、下にこぼれないようにと覆った手の指にも血がつく。ぬるりとする。親指と人差し指、くっつけたらぺたりと貼りついた。離すとべり、と剥がれる感触。

変だけど。変だというのは分かってるけど。久々に嗅ぐ血の匂いと、世界に他に類似するものがない赤と、足指に流れる、手に触れる血の感触になんだか感動した。流血すると当たり前の事を一から思い出せる。自分の皮膚の下に血が流れてるとか。自分が生き物で人間だとか。幼いときにはなんでもないところで転けてすりむいたこととか。なんだか嬉しい。心が弾む。やばい。これはなんだか犯罪者っぽい心理だ。他人の血が見たいとは決して思わないけど。

でも不思議と月一の流血にはこんな感慨はない。おかしいな?
posted by 草 at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ダメだぁ・・・

こんばんは。FF3をFC時代にやったことのない草です。
Amazonさんが発売日に届けてくれたのでちょびちょびやっていますよ。
キャラクター性がある登場人物の割に
おかしいくらいすんなり進むストーリーに違和感が隠せません。
キャラ付けしないほうが良かったんじゃないの?
そしてDSの小さい画面でスクエニ風のグラデーションの素晴らしいダンジョンは
大変に目が疲れます。2時間プレイ続けられません。
非常に移動時向きと言えるでしょう。
ん?目が疲れるなら移動時は止めた方がいいのか??



さて、新居の契約書の取り交わしも
(とはいえ郵送なので送っただけですが)終了して
着々と手続きは進んでいるのに転居の準備はちっとも進みません。
明日には引越屋が見積に来ちゃいますよ。家の中カオスなのに。
今日の夜から必死に片づけるとしましょう。
何をやらなきゃいけないのか整理して進めてないので
何か後手にまわってそうで怖いです。箇条書きにしよう・・・。


閑話休題。
ぼーっとしたままスーパーに買い物に行って
帰って袋の中を見たら、確かにレジを通したはずの卵がありませんよ。
どこ置いてきたんだ。車の中に散乱してたりしないといいな。
それならまだ168円ドブに捨てた方がマシです。
でも泣けます。卵ー。

最近無用に萌えています。何故かWJ系。
雲雀さんと山本の次はネウロの笹塚さんです。
ネウヤコのが王道でしょうが、ここは敢えて笹ヤコですよ。うむ。
大人の魅力〜とか思ってたらよく考えたら同い年でヘコみました。
年下でないだけマシかもしれません。大佐は年下です。

でも私の周囲の30歳台は多分もっと子供だと思います。
いや、別にけなしてるわけではなくて。31とかであんなおっさんになるかしら。
まぁ苦労してればね。老けるよね。

しかしアイドルをはじめアニメや漫画の登場人物達がどんどん年下に
(下手をすると親子ほどの歳の差に)なるにつれ
いつまでもこんなものに萌えてるなという神のおぼしめしを
ひしひしを感じます。わーい霊感強い。違う違う。罰あてないでください。

しかし何故もこう無用に萌えてるのかなとか思ったら
これきっと引越の準備からの逃避なんですね。
どおりで絵が描きたくなると思った!(ぉ
ブログの更新が増えたのもそういうわけなんです。
我ながらオマエナーと思います。うん。わかった。やるよ。やるともさ。


posted by 草 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

足裏デビュー

これだけマッサージにしこたま通っておきながら
実は足裏マッサージというものをやったことがありませんでした!
いやーだってメインが肩凝りだから、直接揉んで貰った方が気持ちいいじゃない。

しかし今回熱射病とか頭痛とかどうも自律神経とかがおかしい感じなので、それならばと(嘘。メインの理由はこないだスーパー銭湯で夫がやって極楽になってるの見たから)とうとう足裏マッサージデビューですよ!
いやー本ばかりでなくこういうところでも世間様から常に遅れてるね!

駅ビルのマッサージチェーン店でアロマリフレコースを選択
フットバス>アロマオイルマッサージ20分コース。とりあえずお試し。

どんな症状が?と聞かれ熱射病で頭痛がします。と言っていくつか頭痛に対応するオイルを出されたんだけど、今ひとつピンとするものがなく、季節限定の(限定に弱くあるは小市民としてのたしなみ)オイルに。
冷房病とか冷え性とか用。実は手足の冷えはないんですが。熱射病はクーラーのせいで体温調節ができなくなってる為なのかな、とか思って。


思ったよりもくすぐったいとかないんだなーとか思いながら施術を受けました。足が痛いとか冷えるとかいう症状の人ではないので、肩を直接揉まれるほどの気持ちよさは感じなかったけれど、これはこれでなかなかよいものですな。
加減してくれたのか痛みは殆どなかったのですが、「どこが痛かったですか?」と聞かれて答えると、それぞれリンパ・自律神経・肩 とのこと。まさに自分が悪いと思ってる部分なのでちょっと感心。足裏は嘘をつかないらしいですよ。

土踏まずのところが固いと言われ「食べ過ぎとか消化不良とかありませんか?」
と聞かれる。ぎくり。
そうか。食べ過ぎか。指摘されると確かにそうだ。考えないようにしていたのに。
posted by 草 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

久しぶりに旧交をあたためています

でも相手は友人じゃないの。
頭痛なの。

昔はもうほんとに毎日のように頭痛とこんにちはの
まるで窓からやってくる隣の幼なじみのようなおつきあいだったのだけど
ここ数年、盆と正月にしか帰省しない親不孝者のように
ごく希にしか(とはいえ一般の人よりは多いとは思いますが)
頭痛がやってこなくて平穏な生活だったのに。

ここのところ頭痛が頻繁に起きます。
どうやら熱射病のよう。
目の奥が灼けるよう。脳圧が上がってる感じ。ずくんずくんと脳内全体が痛い。
困ったことに頭痛薬が効きにくい。
偏頭痛じゃなくて緊張性頭痛に近い感じなのに
(頭や首のツボを強く抑えると多少楽)
理由があんまりそっち系じゃない感じ。
水分摂取とクーラーと外出がポイントっぽいです。

強さはそれほどでもないのに
なんだか我慢が出来ないというか、強い疲労を一緒に感じるので
我慢して作業する、ということが出来ないのがネック。
ぐー。やることいっぱいあるのにー。やる気もあるのにー。


まぁ、やる気の基本値が低い人がやる気出すと得てしてこんなもんだよね。


posted by 草 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

久々に夢を見ました

というより、覚えていた、というのが正しいのでしょうか。

別に誰も知りたくないと思いますが
なんだか腐女子っぽくてイタくてミーハーで、嬉しい夢だったので
書いておきたいと思います。

覚えている最初のシーンでは、私は何か詐欺にあって、同じように被害を受けていた人たち(とはいってもなんか一般人ではなく少年漫画の登場人物のような強そうな人たちばかり)と一緒に詐欺師を取り囲んでいました。しかし私は詐欺師と取引をし、自分の利益を条件に詐欺師を連れて逃げました。なんか私飛べたんですよ。へんな構造の都市を飛びました。柱の高い地下水路とか逃げたりして、楽しかった。

気がつくと場面は変わって、なにかクラシカルなお店へ。人がいっぱいいて、素敵な食料品やらパンやらが売っていて、私は連れと楽しんでいました。このへん記憶曖昧。

さらに場面が変わると私は病院に。不治の病。余命半月。体重は30kgに。鏡に見える自分の身体はガリガリなのに、足首とかが妙にリアルにむくんで腫れてたり。でも同じように入院している友達と笑いあったりして何か幸せ。

けれど夜に少し寂しくなって自宅に電話をしました。実は家族には自分の病気は内緒だったらしいのですが。さすがにもう助からないから言おうかな、とか。誰か来てくれないかなと思ったら不機嫌な声が「もしもし?」って出て、それが雲雀さんだった。私だと分かると「どうしたの?」とか案外優しい声色になって嬉しかったけど、声が結構高くて「雲雀さん電話だと声違うふうに聞こえますねぇ」とか言いながら雲雀さんと電話で話すというあまりの違和感に目が覚めました。惜しい。もっと会話したかったなぁ。しかし雲雀さんの声を脳内で合成している自分の腐女子スキルは案外高かったんだなぁと感嘆しながら起床。

自分がもうすぐ死ぬっていうことをかなり実感していたにも関わらず
起きたときの印象は「よい夢」でした。痩せたからかな。(違う
夢の中でも、死ぬのが怖くなかったわけじゃないし
厭世の人というわけでもなかったんだけど。
そのへんがちょっと人様とズレてるところかもしれません。

でも心配してくれる人がいるというのはなんか幸せでした。
話をしたら多分駆けつけてくれるという確信があるのがすごく幸せだった。
あ、ちなみに雲雀さんだけじゃなかったですよ。家族は。
雲雀さんも別に旦那でも兄でも弟でもなんでもないけど、家族。
多分電話の向こう、山本もいたなー。
多分ここで実際の現実の家族が出てこないのは
恐らく自分の逃避というか・・・茶化したかったんだと思うんです。
夢のを見るという行為でも多分そのへんが自分らしい。

しかし、私はよっぽど好きなキャラでないと夢に出てこないので
まだハマって日の浅い雲雀さんが出てくるのはちょっと意外。
posted by 草 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

暫くチェックしてなかったら

seesaaのテンプレートからうちのブログの現在のデザインが消えていました。
もう迂闊に変更できない。うう。気を付けねば。
唯一うちのサイトデザインと違和感が無いデザインだったので選んだのに
・・・・いや、実は自分でちゃんと体裁変えようと思ってたんだけど
面倒くさくなったとかそういう・・・。
まぁ、もう何年も開店休業状態なサイトに
今更それくらいなんだって感じなんですけどね!

でも冬コミは申し込みます。
夏冬のメリハリくらいつけないと
ただでさえ希薄な人生がもっと希薄になる。


それはそうと、夫の人の夏休みがもうすぐ終わってしまいますよ。
色々やらなきゃならないことがあったのに。どうしよう。
デートとか旅行とかいう素敵な話じゃなくて
リサイクルショップに19インチのCRT持ってくの手伝って欲しいとか
引越の為の荷物減らしの為に捨てて良い漫画選んで欲しいとか
そういうのですが。

肝心なときに風邪を引いて使い物にならなくなったのは私ですが。
でも夫の人も旅行とか行くと必ず体調悪化させるので
(ちなみに8月初旬に仲間と行った旅行ではヘルニアを悪化させた)
これはアレかもしれません。似たものナントカ。

posted by 草 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

最近のお気に入り

hibari.jpg

ひばりさん・・・。
山本も同じくらい好きですが彼は描きづらいです。
posted by 草 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

煙草

※少々グロテスクな表現があります。苦手な方は注意してください。

微妙な問題を微妙な目線で語ってみた。
多分中途半端で非常に情けない文になるので羞恥心と
それから批判を恐れる心で折り返す。


続きを読む
posted by 草 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

時事ネタって滅多に書かないけど

さすがに耳に入る入る「ゲド戦記」の名前。気になる。


私の通っている小学校は、漁師町の気風のせいなのか
図書室で本を読む・借りる子供が多くはなくて
そのせいか図書室に入っている本も、なんというか
教科書的な本ばかりだった。しかも新刊殆ど入らないし。

多分、ゲド戦記もなかったと思う。
読む本に飢えていた私は図書室中を面白い本を探してうろついたので
多分間違いなく。
もっとも、私が小学生の時代には日本国内では
まだそんなに評価を受けていなかったのかもしれないが。
(3巻までが1977年に邦訳らしい?)
そんな私は椋鳩十全集を何度も読み返すしかなかったわけで。


私立の中学に入って、その図書館の本の品揃えに
私が目を輝かせたのは言うまでもない。っていうかよだれたらした。
立候補で図書委員になり、11期連続図書委員を継続し
権力を悪用して自分の欲しい本を入れまくったのは言うまでもない。
(誤解を招かぬよう追記するならば、とても気前のいい学校だったので
購入希望さえ書けばマンガやアイドル誌など著しく学校の方針とかけ離れた
ジャンルでなければ殆ど購入希望通りに新刊が入った。図書委員でなくとも)

勿論年頃のオタク女らしく、ファンタジー系は大好きで
ナルニア国物語、ベルガリアード・マロリオン物語を制覇。
しかし指輪物語は、一番最初の「ホビットは・・・ホビットは・・・」の
延々のホビットの説明に断念した。
今では全部読んでおけば良かったなぁと思う。買うのは大変。
ちなみにお気に入りはラングの「・・・色の童話集」シリーズ。
世界各地の童話を集めたものだったらしいが
下手に手を加えられてない原色な童話が有る意味生々しくて面白い。


で、もの凄くつまんなくて長ったらしい前置きの上で
最初に戻って「ゲド戦記」であります。

・・・読んだっけか。
多分読んでないと思うんだ。

小中学生頃の私は本当に本の虫で、
1日3冊は読まないと気が済まなかったのですが
読む速度が速かったせいなのか、
今現在その頃に読んだ本の内容に関しての記憶がさっぱりありません。
まさに消費するだけの読書。
作文能力は有る程度ついたと思うし、漢字や言葉の意味も覚えたから
無駄だとは思わないんだけどさ・・・。
ナルニアやベルガリアードも面白かったことだけは覚えてるけど、
どんな話だったか覚えてない。

ちょっと前に映画になった「チョコレート工場の秘密」も
家にあったのに内容を覚えてない。
映画化で思い出して探してみたけれど、既に捨てられた後でした・・・(涙)

で、本屋に行くとゲド戦記が全巻セットで置いてあるわけですよ。
約8000円。うーん。
読みたい気がするけど、高いよなー。
読んですぐヤフオクとかに出せばいいんだろうけど。
図書館では勿論大人気だろうし。
なんか映画化したから読むってのもしゃくに障る。
(典型的な天の邪鬼だ。陳腐なへそ曲がりだ。)
なんといっても未だにハリー・ポッター読んでない私ですよ。
ダヴィンチ・コードなんてもってのほかですよ。



と、言うわけでそろそろ「魔法使いハウルと火の悪魔」を読もうかな。





posted by 草 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。