2006年06月23日

五里霧中

自分にはこれしかない、なんていうのは思いこみ。
もしくは退路を断って自分を高めるための自己暗示。



夢中になれるものの大切さを 他人に強く説きながら
夢中になれるものがない場合 それは
夢中になれることの素晴らしさを 本当に知っていることになるだろうか
ならないとするならば それがただの憧れだとするならば
憧れの尊さと その実際の素晴らしさは 同じ価値があるだろうか




夢中っていうのは読んで字のごとく夢の中ということで
他の情報を排斥している状態だ
つまり他のことはどうでもいいわけであって
他のことに関しては無知で無頓着になる。ある程度は。いわゆる「○○バカ」

食わず嫌いというフィルタをとっぱらい
個人の能力差を考えなければ
嗜好の傾向はあるにせよ大抵のことは多分楽しい
・・・・んじゃないかと思う
少なくとも私はそう 全部楽しい

でも、それって多分夢中にもなれない
ということ、だよね

運動は苦手、だけど嫌いじゃない。やりだすと楽しいと思う
料理は好きだけど、それで何かしようとかは思わない
絵を描くのは好きだけど、続けなきゃ死ぬとは思わない
手芸も好きだけど続かない 案外無趣味。かも。

これだけ、に夢中になることは
他の美味しい部分を食わず嫌いにしているようで
なんだか勿体ない
だから、多くの人はそれなりに楽しいことを
それなりにつまみ食いする
そういう人生もまた楽しからずや。

けれど何か一つのことに夢中になっている人に
少なくとも私は憧れるし。他の多くもそうだと思う。
打ち込む姿勢が美しいと思うのは割と人類共通認識。
それは何だろう。
倫理観の刷り込みなのかな。
人類がそういう人間を必要としている、ということかな。
自己の楽しみを犠牲に文化を進歩させる特別な人間を
集団の中から生み出そうとしてるのかな。



すばらしいことだと思うのに
私自身は何か一つに打ち込むよりも、色々つまみ食いしたいのだ
他を捨てられないという方が正しいのかも知れないけど。

世界は美しい。
贅沢な悩みですこと。


posted by 草 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

人生ままならぬものよ

060608.jpg

久々に人間関係って難しいって思ってます。
多分にして自爆自滅で気にしてるのは本人だけってパターンな気もします。

久々に色を塗ってみたけれど、どうにも似非リアルっていうか
なんか絵の傾向が気持ち悪くなってますね
絵柄変えたいなと思う所存です。

ゲームを久々にやってお話がとても面白くて登場人物に萌えました。
ちょっと感動っていう程でもないんだけど色々感じたり考えたりしたりして
こういう時のなんか心がざわめくような感じって
どう処理したらいいのかなぁと。創作が一番多分楽な放出法だと思うんですけど
それをしない人はどう処理するのかなとか思いました。

相変わらずやらなきゃいけないことを後回しにして
積み重なったタスクに恐怖を覚える不毛な日々です。
仁義欠かない程度にガンバレ自分。


posted by 草 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。