2005年09月29日

ペ様

ペ・ヨンジュンって名前でなんでヨン様なのですか。
ペ様じゃダメなんですか。ペーって伸ばしそうになるからですか。
伸ばすと別モノになっちゃうからですか。

杉良太郎だって杉様なのになぁ。



韓国料理は大好きですが。
正直、冬ソナをはじめとする韓国ドラマになんの魅力も感じない私です。
昼ドラ設定に萌えるには夢見る乙女過ぎるのかもしれません。
もちょっと、ね。ベタはベタでも萌えるシチュエーションはあるでしょ。

ですが、ペ・ヨンジュンは何故世のおばさまを魅了しているのか。
この点には興味がありました。
ファンの方には非常に申し訳ないのですが
韓国の男性俳優って
極度に甘く整えられた(表情的に)マスクと
ホテルのリネンみたいな作られた清潔感と
そのわりに安っぽいセクシーさと
アンバランスにマッチョな肉体が

なんとなーく、そう、なんとなーくAV男優を思わせるんですよね。
いや、言うほどAV見てないんだけどさ。
なんか、結婚詐欺師とかみたいな張り付いた笑顔のどこがいいのかなぁと思っていたのです。

そしたら、偶然見ていた徹子の部屋スペシャルのゲストが
ペ様だったんですよね。別にいい機会と思ったわけでもないのですが
興味を引かれてつぶさに観察してみました。

なるほど

片時も気を抜くことなく作られた表情
目の輝きまでコントロールされている。
嬉しい、って時ちゃんと目が輝くんですよー。
すごいなー。ライティング計算してんのかな。
話をする時の視線を外したり、合わせたりとかいうところも
全部がきちんと演技されている。
憂い顔の時には睫が頬に影を落とすように。
えーとか、うーとか挟まず、思慮深く落ち着いて語るのです。

ふと、日本の俳優のことを思いました。

最近の日本の俳優さんて
露出が激しい人と少なすぎる人に分かれてて
激しい人はバラエティとかに出ちゃって
みっともない姿や、アホな部分を前に押し出してしまっている

逆に少ない人は、映画や演劇志向が強くて
マスコミにも愛想が悪かったりして
演技が仕事の職人方向に走っていってしまっている気がする。

そう考えると
ファンサービスを忘れず
スターの名に恥じずつねに輝いていて
片時も気を抜かない韓国俳優のその姿は
確かにトイレに行かない麗人を信じたいかつての乙女たちには
魅力的に映るのかもしれないなぁ、とか

あぁ、ヅカとかに近いのかも。

とかどうでもいいことを考えてみたりしました。
posted by 草 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

SDが欲しい

っていってもガンダムじゃないぞ!(古
スーパードルフィーのことです。ボークス社の出してる球体関節人形のこと。

以前から知ってはいたのだけれど最近欲しい熱が上がっています。
絵を描くときにポーズモデルにしたいという下心(?)をさっぴいても欲しいと思う。
好きに造形を変えられるってのがミソですね。
理想の顔、理想のヒトガタを具現化してみたいなあと思うのです。
そんでひらっひらのふりっふりのドレスを自作して着せるのだ。
お前にそんな甲斐性があるかというツッコミは無しでお願いします。

でも高ぇよ。人形に5万は出せねぇ。

そして、そう思う人間を軽蔑するよーなあの売り手側の空気も苦手。
天使をあなたがたに授けて差し上げているのですよーみたいな。
人形は好きだけど、擬人化して愛したいとは思わないんだよなー。
逆に人形に失礼だと思いませんか。モノ扱いがヒドイだなんて勝手な思い込み。
人形は人間になりたいなんてこっちが勝手に決めてるだけで
もしかしたら人形の世界ではエライのかもしれないじゃないか(謎)
という冗談は置いておいて。
まだ植木鉢の植物の方が話しかける気になります。
大事にしてあげてくださいね、ってのはわかるけど
「お迎え」ってナンデスカ。絶対に「観用少女」のパクリだろ。
プランツならそりゃ溺愛しますよ。私も。
でも、ほんと、服だ化粧品だウィッグだなんて集めてたら
プランツ同様に多額のお金がかかるんでしょうな。
SDで借金こさえたという人もいるらしく、そのまま「観用少女」の現実化。

・・・どうせ人間扱いして溺愛するのなら、樹脂製の人形よりも
陶器製のアンティークドールの方がなんとなく趣があると思うのは権威主義ですかね。

なんか文句ばかりになってしまいましたな。
こんなこと考えてるならボークスのなんて買わずに
一から自作した方が精神的にも、経済的にもいいんだろうな。
・・・できないけど。(根気がなくて)


posted by 草 at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

日記

日記らしい日記

木曜日の夜は近所にオープンした、ちゃんこ江戸沢系列のアジア料理食べ放題に行った。アジア料理とうよりはアジアっぽい料理。多分もう二度と行かないだろう。特筆すべきはデザートだ。パサパサなパウンドケーキとか、もどし切れてないタピオカココナッツとか。マンゴープリンは会社の上司がマレーシア出張土産に買ってきたパック詰めの怪しいマンゴープリンと全く同じ味がした。つまり人工甘味料と人工香料の怪しい味。

金曜日は最近行っていなかったパン屋に行く。この辺りで一時期次々にオープンしていた「石窯パン工房サフラン」。行ったのが昼過ぎだったので、美味しそうなパンは結構売り切れてしまっていた。それにしても、駐車場にちょっとした椅子とテーブルがあり、コーヒーがサービスなのだけど。排気ガスまみれになりそうな場所で子供と一緒にパンを食べてるご家族が多くて、そんなところで食べて美味しいですか?と聞きたかった。家に帰ってコーヒーを淹れ、パンを食べたけど、昔ほど美味しいと感じない。味が落ちたのか、Zopfのパンに慣れすぎたのか。大量に買い込んだので夕ご飯もパン。

土曜日は、ライブ(笑)帰りの友人と待ち合わせして一緒に食事>友人宅へなだれ込みの予定だった。友人宅はつくばなので、是非つくばエクスプレスに乗っていきたいと秋葉原で待ち合わせにしていた。オープンしたばかりのヨドバシも冷やかしたかったので上からぐるぐる見ながら降りてきたのだが、疲れ切った頃になっても一向に連絡が来ずちょっと焦った。ただライブが長くて盛り上がっただけらしく、無事に会えたけど。が。向こうは食事だけで家までとは思ってなかったらしくちょっと混乱。多少の調整で事なきを得た。
ヨドバシは、メーカーごとの展示に疑問。メーカーに対してのこだわりは私にも多少あるけど(松下が嫌いとか)、家電を何品も揃えるなんて、一人暮らし開始とか、結婚とか引っ越しくらいの機会しかないし。それだって一気に買い換えることはそうはしないと思うんだけど。それに多少は他社製だって見て比べてみたいと思う。比較検討しづらいことこの上ない。まぁ、最近はネットでクチコミ見て、これ買う!って決めて来る人が多いみたいだから、秋葉原まで来て、ココで買おう!って人はそんなことは気にしないのかもだけど。
食事は上のレストラン街。思ったよりいっぱい店舗が入ってた。韓国餃子の店に入ってみたけど、料理は「韓国風」。餃子は普通だった。不味くは無いが二度目が無い感じ。
TXには南流山まで乗った。地下と地上をやけに行き来する。土地の問題かなぁ。夜だからどのみち景色は見えず、つくばまで行かなくても大して変わらなかったかもしれない。走っていてもガタンガタンと音がしない。レールの継ぎ目がない訳はないので、どういう仕組みかなぁと思った。揺れないし、体感的に速くて快適。人は少なかった。
友達の家ではいつも通りダラダラ過ごす。ECOとヨーグルティングを体験させてもらう。最近の韓国製ネトゲってキャラ外観みんなこんなかなぁ。ECOはタルすぎる動きが、ヨーグルティングはゲームシステムが好きになれない。多分課金することはないだろうな。

日曜日は、朝方までダラダラ色々やってたので起きたら昼だった。友人オススメのカレー屋に行く。私好みの味。担々麺風ていうのかな。ナッツ類の風味を感じる、乳化したみたいなマイルドなスープに赤い油が浮いている。スープは粘度が低いけど、味は旨味が濃いので水っぽさは感じない。かなり辛いけど、辛さが蓄積されず、食べ進めるのが苦痛になるほどではない。スリランカ風というナンは固めでちょっと重いけど、味はよかった。うん。美味しかった。

アレさえ無ければな。アレさえ。
前々職で鍛えたカンを呪う。

夜にFFで約束があったので夕方友人宅を出る。三連休の最終日の割に高速はそれほど混んでいなかった。FFに入り急ぎ準備をする。ENM。ヒポグリフにまた負ける。ダニには安定して勝てるようになった。これだけで白のLvは上げられそう。赤をがんばってソロで上げよう。何年かかるか知らないが・・・。





posted by 草 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

夢かまことか

数年前から十年前。当時ウイスキーが嫌いだった私に
兄が机の下から出してきた”おとっとき”
なんだ、Four Roses じゃないのと言ったら
これは特別なんだって言って筒から引き出されたのは
金のラベルに紅い薔薇

・・・・いっくら調べても、そんなもん無いらしいんだけど。
あれは何だったんだろう。私の夢か?ただの黒ラベルだったのか?

Four Roses のゴールドラベル
知ってるって人が居たら教えてください。

兄に聞けばいいんだろうけど、藪をつつきたくない妹心。


posted by 草 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

ホットケーキを綺麗に焼く方法

誰でも簡単に作れると謳われるホットケーキミックス
でも、お店で出てくるような綺麗な、均一な色の、
ふわふわで厚みのあるホットケーキって、なかなか出来ない。
毎回試行錯誤して、最後には綺麗に焼けるようになるんだけど
そこに至るまで焼き色にムラがあったり厚さが均一でなかったり。

でも、今回は結構うまくできたので
次回もうまくできるようにメモしておきます。
道具等足りないかもしれないので、誰にでもお勧めはできないけど。

まず、生地。
ボールにミックスを先に入れ、牛乳を少しずつ加えてよく混ぜて
すこしゆるいかな?くらいまでのばす。
お玉に取って、傾けるとすぐ落ちるくらい。
そこに溶き卵を加えてよく混ぜる。

目玉焼き用の、小さな鉄製フライパン(非テフロン)を温める。
強火でもいいので、よく温めたら、サラダ油を引く。
熱したフライパンを濡れ布巾に当てて、ごく弱火にしたコンロに戻す。

お玉だと量が足りないので、直接ボウルからフライパンの中央に生地を流す。
生地が緩いので、綺麗にフライパン一面に広がる。
厚いのが良ければ厚さ1cm弱くらいになるくらいまで生地を入れる。

鉄の小さなフライパンなので火が通りやすい。
火がかならずフライパンの中央に当たるようにしないとムラになる。
生地の表面に無数の穴が空き、生地の端が乾いてきたら
そっとフライ返しを差し込み、裏返す。
生地が柔らかいのでフライパンを傾けて、生地を迎えてあげると綺麗に返せる。
返したら火に戻し、1〜2分焼く。焼き色が付けば十分。

フライパンを火から離して、皿にうつす。
こうすると2枚目以降も綺麗に焼ける(フライパンが少し冷めるので)

鉄フライパンを使うと表面がパリッと、中はふわふわに仕上がる気がする。
また、フライパンが小さいので、熱が伝わりやすく、
全面均一に火が入り、側面からも熱せられるために厚さが均一になるっぽい。
ホットケーキ用のセルクル(型)で作るより綺麗だと思う。



いじょ。

posted by 草 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

HoneyMoon

恋人に限らず
人と人とか
人とそれ以外のもの、まぁ仕事とか、趣味とかでもいいんですが
蜜月ってあるとおもいませんか。

若い時は特にそれが顕著で、
勿論若くてもそういう時期をつくらない人もいるだろうけれど
かつて私は意外とそういう熱の上げ下げが激しくて

同性の友人との関係にもそういう時期を作る人間でした。
ある意味お互いに興奮状態で、相手を無二の対象だと思ってしまう。
その時期が終わった後に、あぁ、あれは蜜月だったのだな、と思うのです。
まぁ、同性の友人に対してこの表現も気色悪いのかもしれませんが。

その時期が終わってしまい、さらにそれが決別に発展してしまうことに対して
人は「結局相性がよくなかったのだ」とか
「一時的に熱に浮かされていただけだ」とか済ませてしまうけど。
(ま、それで済ましたほうがいいことも多いのかもだけど。)

でも、「環境」の中に居ない物はないし。
だから環境が変化するにつれ、その中にある「関係」も、形を変えざるを得ないし。
毎日の経験を、記憶して積み重ねていく以上、変化しない人間もいない。

例えただの彫像を眺めたって
人は毎日同じ事を思う訳じゃない。
変わるのは他者ばっかりじゃなくて自分も変化し続けていて
じゃぁ、人や物を愛するっていうのは、人や物の何を愛するってことなのか

人間なら、例えば相手の記憶がなくなっても愛しいかもしれない
突然性格が豹変しても愛しいかもしれない
整形で顔が変わってしまっても、愛しいかもしれない

変化していく対象の何を愛しているのか、っていうのは、難しい問題だけど。

そんな自分や対象の「変化」だけじゃなくなく
相手に対する理解だって、時間がたてば深まるけれど
誤解だってないわけじゃないし、全てを知ることはできないのだから
自分が組み立てていった「その人」の像が変化していく途中で
好みと合わなくなる時期がやってきたりすることもあるし

だから環境が変わったり、私やその人が違うフェーズに移行した時に
確かに蜜月は終わってしまうのかもしれないけど。

でも偽りじゃないし
永遠が尊くて一瞬が卑しいわけじゃないし
いや、勿論長く続くことも素敵だとは思いますが。
その時のその人と、そのときの私の間に、流れていた時間が愛しかったんだってことは
全然否定しなくていいことなんだと、私は信じます。
終わってしまうものが価値が無いなんてことはないって
大きな声でいいたいなぁと最近思うのです。

posted by 草 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

片づけ中

我が家には一部屋「開かずの間」があります。
引っ越してから2年とちょっとになるというのに
中途半端に開きっぱなしのダンボールが積み上げられた怪しい部屋です。

時々思い立っては整理をするのですが、なかなか手ごわい相手で
今まで完全に屈服させることができませんでした。

中に何が入ってるって、ケーブルとかケーブルとかケーブルとか
紙とか紙とか(略)画材とか(略
あとはもう着ないだろう衣類とか。

まぁ、そんなブツなんですけど。
今日片っ端から捨てていったら少し底が見えるようになりました。

そしたら、中から昔の自分の本が出てきましてね。
いや、昔いっても、精々3〜4年なんですけど。
懐かしさにペラペラとめくっていて気が付いたのですが

あれ・・・?
昔の方が・・・描けてないか?

がーん・・・。


というわけで、オチもつけられないくらいにショックでした
が、がんばらねば。年を取るってこんなところまで衰えるのかしら・・。
(いや、単に練習不足なだけだから)
posted by 草 at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

選手交代

うちの掃除機君は、私が大学に入って1年くらいの頃に買い求めた物なので、つまりは十年選手でした。

掃除機というものはよっぽどのことがないと壊れないから、今までそのまま使ってきたけれど、どうもこの頃、ゴミを吸い込んでくれなくて。
目に見えてるゴミを吸い込んでくれないので、わざわざ手で拾ってから掃除機に吸い込ませたりして、なんだかひどく本末転倒な気がしたり、ホースもねじくれて、ややぺちゃんこになってる箇所があったり、排気もなんだか埃臭いしで、なんだか掃除機をかけるたびにイライラするので、そろそろ買い換え時かなぁとは思っていたのですが、なかなか思い切れなくて放っておいてあったのですよ。

で。今回ほかの家電も買うことになったので、ついでに掃除機も買ってしまおうと決めました。ポイントがついたから、それ使って買ってしまおうと。売り場の前で小一時間悩んで結局SHARPのサイクロン掃除機を買ってみました。

紙パック式でもサイクロン式でもどっちでもよかったんだけど、
(最近花粉症の人が多くなってきたせいで、紙パック式が主流に戻りつつあるようですね。)
売り場で片っ端から中を開けてみて、

・一番機構が分かりやすく
・追加部品が少なく(純正紙パック使わないといけないとか。フィルタ交換が必要とか)
・フィルターやダストカップががとりはずしやすく水洗いしやすい(フィルタが何重にもなってるやつは、最初のフィルタ以外取り外せないものが多い)

のがSHARPだったんで・・・。
そういえば価格.comの口コミとかも見なかったなぁ。見ておけばよかったかしら。(今からは絶対見ない)

目の付け所がシャープなだけにちょこっと心配な部分もあったのですが(いやぁ、なんか壊れそうなイメージが・・・実際なんかちゃっちい作りな気もするし)

ナショナルのは、ダイレクト集塵とか(すぐ吸い込み力落ちそうな気がするんだけどどうなんだろう)
ゼオライト消臭とか(消臭剤はもちろん消耗品で別売り。ナショナルはこういう後から金をとる商品が多すぎる気がする)
酵素入りフィルタやらで除菌とか(酵素なんて温度変化ですぐ壊れるし、何年も経たないうちに効果が無くなってしまうと思うのだけど)なんか怪しいし。

東芝の紙パック式の最新型は手元カップで大きなゴミを取り除くから紙パック交換が少なくて済むとかいってるけど、手元にあんなデカイものがあったら掃除しにくいだろうとか、その手元カップもなんだかわかりにくい構造でゴミが捨てにくそう・・・とか。

東芝のサイクロンもシンプルでよさそうだったんだけど、お取り寄せになっちゃってた、とか
三菱と三洋は・・・忘れた。(三菱はそこそこよかった気がする)とかで

結局シャープ製サイクロンになりました。

帰ってきて早速使ってみたんだけど。


・・・もっとはやく買い換えればよかった・・・ッ!!!



今まで吸い込みづらかった、マットについたホコリも、畳の上の髪の毛もスルスルと吸い込まれていくよ!!。ヘッドの動きもスムースだし、掃除がすごく楽になった!
冗談でも誇張でもなく、今までの半分の時間で掃除を終わらせられて、感動しきりでした!

でも、これはこのSHARP製掃除機の性能がどうこうというよりは、10年以上使った掃除機がいかにパワーダウンしてるかって事だと思うんだけどね・・・。

物は大切にしなきゃいけないけど、仕事効率を著しく上げたり、昔の家電の何分の1とかの電力消費で済んだりする今の家電を見ていると、どうしたもんかなぁとか思う今日この頃です。
posted by 草 at 18:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

久々に

気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが
もうずっと長いこと放置状態だったサイトの方を、今ちょっとずつ改装しております。
全部作ってからアップしろよって感じなんですが
自分を追い込まないとダメなタイプなんで・・・。

前回のは欲張り過ぎ・・・コンテンツ多すぎ、だったので
(だから更新できなかった、というわけではない。たぶんシンプルでもマメに更新できない。)
今度はきっとシンプルになるでしょう。たぶん。

で、それに伴ってトップ絵も描いてみました。
結構マジメに塗ったの久しぶり・・・それも途中までだったけどね・・・。
腕長いとか肩おかしいとか足おかしいとかいろいろおかしいのですが
まぁリハビリとしてはこんなもんかなぁ・・・。

もう少し描かないと新しいサイトに飾る物がないですね。
古いCGとか結構紛失してるので。

しかし、このトップ絵では秋までしか使えないではないか。
今頃気づきました。
posted by 草 at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。